デカチン!!

2005.11.16 Wed


PC直りましたーー(´▽`〃)♪


ではっ booibooの 出会いを・・・




数日前の 11月10日の 事です・・・


いつもの様に booibooで 会える人を 探していました


そうすると・・・


「 童貞です 僕を助けてくださいっ!! 」


っていう カキコがあって・・・


himitsuはその 「 童貞君 」 にメールを出してみましたっ★


キャーッヽ(//≧∀≦///)ノ~・゜゜・。キャーッ


返事はスグに返って来ました☆


「 僕は 19歳で 176-60 なんだけど 平気ですか? よかったら プロフ交換してください お願いします 」



じゅ じゅ 19才〜〜〜っ☆

かなり 若過ぎっ ヽ(〃□〃)ノ




って思ったけど himitsuも プロフィール を 送ってみました!!


hi 「 年が離れすぎてるから お断りかな〜? 」

・・・

童 「 おねえさんですねっ☆ 本当に会えますか? 冷やかしじゃなかったら 本当にお願いします!!! 」


返事 来ましたよーーーっ Σ(`д`ノ)ノ


何回か メールしてて 突然 返事が無くなったので・・・


hi 「 ん〜やっぱり 話が 合わなかったかな? 」


3時間後・・・


童 「 ごめんっ!! ポイント無くなって 返事出来なかったっ!! 怒ってる? 」


あははっ・・・ ポイント切れだったのね〜 (〃 ̄▽ ̄)


でっ 続きを 話て・・・


会う事が 決定してっ 13日に 会って来ましたっ |▽//)ゝテレ





会った時 ビックリッ!!!


本当に19歳? 見た目 高校生ですっ!!


・・・マジ・・・( ̄ ̄ ̄□ ̄ ̄ ̄|||) ・・・デスカ・・・


若すぎない???

この子と 本当に エッチ出来るの?

茶髪で 顔は 可愛い系の 幼顔っ・・・


himitsuは 少し 引いちゃいました・・・ (ーー;)ノシ



所が・・・ 彼は ヤル気満々 状態っ☆


童 「 今日は 宜しくお願いしっまっすっ!!! 」


・・・・・・


hi 「 あ あはは・・・( ̄▽ ̄;;) まず 食事にでも 行こうか? 」

童 「 えっ? 直行じゃないの? 」


・・・・・・  ̄д ̄;;


hi 「 himitsuは 相手の事が 分からないと エッチ 出来ないの☆ ご飯食べながら 君の事 教えてっ♪ いろいろと お話しない? 」

童 「 そうなんですか・・・ じゃー いいけどっ 」



・・・・・・ おっ 幼すぎるっ ・・・・・・ (ーдー;)



ご飯食べに 居酒屋へ 行きました

お酒も 飲みました

いろいろと お話もしました


・・・話は・・・合いません・・・


童 「 そろそろ 行かない? 」

hi 「 今日は やめない? 会ったばかりだし・・・ 」

童 「 やっぱり 最初から 冷やかしだったんだっ!!! 」

hi 「 そう言う訳じゃないけどっ 年違い過ぎない? セフレ探してるから・・・ 一回ポッキリって 嫌なのよね・・・ 」

童 「 じゃー 僕と セフレになればいいじゃんっ!! 冷やかしじゃないんだったら セックス しようよっ!!! 僕のカキコ読んでメールくれたんだよねっ!! 」



確かに・・・

最初は 少し 冷やかし気味だったかもっ σ(⌒д⌒;)ハハッ・・・



っと 押し切られて ホテルに 行ったのはいいのですが・・・


イキナリ 飛びついて来たので それはないでしょ〜っ!!!

hi 「 お風呂入って ユックリしましょ☆ 経験無いんだよね? 焦らずにっ焦らずにっ・・・ 」( ̄□ ̄;)



そして・・・

ベットの 上で 始まったのですが・・・

パンツ姿の 「 童貞君 」の アレ を見たら 又 驚きっ!!!




「 デカイッ 」




顔に 似合わず ご立派な イチモツ でございます (*`0´)!!

そして 見てるうちに もっともっと 大きくなって

パンツの上から 亀さんが はみ出してますっ☆


hi 「 触ってもいい? 」

童 「 恥ずかしいよ 」


触ったら 鋼鉄のように カッチカッチ (」゜ロ゜)」

彼の お腹に ピッタンコ って感じで ビンビンッ!!!


himitsuは ドキドキしちゃったっ♪


童 「 どうしたらいいのかなっ 」

hi 「 himitsuが 言ったとおりに してくれる? 愛撫からねっ♪ 」


乳首の触り方 ・ 舐め方 ・ 舌使い方・・・

優しく 教えてあげました♪


以外に 舌の動きが 上手くて 参っちゃうっ (≧∀≦)


hi 「 そうよ そういう感じで♪ とっても 上手よっ☆ 」


himitsuは どんどん感じてきちゃってっ 吐息を こらえながら・・・


hi 「 今度は 指を 入れてみてっ♪ 爪は立てちゃダメッ そーっと 入れてみてっ 」


童 「 こうかなっ 痛くない? 」


hi 「 そうっ いいっ とっても上手っ♪ スッゴク 気持ちいい〜〜♪ 」


と言って himitsuは 彼の 頭を クシャクシャしたら


彼は himitsuの 顔を 見上げて


童 「 あーーーっ イッチャウよーーっ!! 」



一人で イッチャイました・・・ |●´艸`●|


童 「 ごめんっ!! 」


ってーーーーーっ


まだ カッチカチの ビンビン じゃないのーーーっ!!!


hi 「 気にしないでっ もう一回 する? 」

童 「 うんっ♪ 」


今度は himitsuが コンドーさんを 付けてあげて


himitsuの 乳首を 触りっぱなしの 童貞君っ

おっぱいが 好きなんだね〜♪


ぎこちなかったんだけど だんだんと 上手になってきて・・・

何より 舌使いが とっても 上手っ☆


himitsuは 自分で クリトリスを 触って 彼に 乳首を 攻められて・・・


hi 「 あ〜っんっ ダメッ そこっ もっと 甘噛みしてっ う〜〜んっ 気持ちいい〜〜っっ 」



himitsuは その舌使いで イッチャイましたっ♪


himitsuが イッチャッタ 姿を見て

又 童貞君も 一人で イッチャッテました・・・


挿入前に 2回も 一人で イッチャッタ 童貞君っ☆


その後も スグに 復活して またも カッチカチのビンビンッ!!!



hi 「 今度は 挿入しようね♪ 」

童 「 はいっ!! 」


彼が 入ってきた瞬間 天国に ジャンプ したような感じっ


挿入後 3擦り半 で 「 ドピュッ 」 でしたが・・・ ○≒(`д´#)


3擦り半が すごーーっくっ 気持ちよかった〜♪


これはっ☆ セックスが 慣れたら 凄い チンチンになるっ!!!



流石に 3回出すと 硬さも それなり・・・

でも ビンビンッ!!! この子は 超人かっ?



最初は 気持ちよくて 何回も イカサレタ himitsuでしたが・・・


何回 したのか わからないくらいしてっ


最後の方では himitsuの 愛液が 出なくなってきちゃって


彼の 唾液を 付けて 彼は 気持ちよさそうに 腰を 前後してました・・・



いつの間にか 寝ちゃったらしく・・・



朝 気がついたら 彼が 又 himitsuを 攻めだしていて



起きてからも 3回・・・



お股が 痛くなっちゃったっ☆








童貞の方って こんなに セックス 強いの?







女性の 愛液が出なくなる程
エッチしたいっ♪
と思った方は・・・
↓↓ ポチッ ↓↓
ポチポッチしてくださいっ♪

ポチッとお願いします♪
↑↑ ポチッ ↑↑
お願いしますっ<(_ _*)>


  1. 2005/11/16(水) 13:27:33|
  2. 19才直君|
  3. トラックバック:1|
  4. コメント:1

コメント

承認待ちコメント

このコメントは管理者の承認待ちです
  1. 2013/04/05(金) 15:23:06 |
  2. |
  3. #
  4. [ 編集]

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://daytimesecret.dtiblog.com/tb.php/46-e2533ffc

クロムハーツ 店舗

私が持っている ショー いくつかの おかげ あなた ためにの{から私を救済| から私を救出など|この|この特定|このタイプの} サーフィン | { インターネット全体を通して |オンラインの世界|検索エンジン|ネット|ウェブ|ワールドワイドウェブ|ワールド・ワイド・ウェブ}と発見 これはあるは有益 、 私は考え出した {私の全体の人生は|私の人生はであった完了|なくなっ|オーバー|優に超える} 。 リビング {なし| |欠い|マイナスの存在なしにの答え|へ戦略|解決策|へのアプローチ} ??あ
  1. 2013/10/24(木) 11:17:14 |
  2. クロムハーツ 店舗

プロフィール

カレンダー

10 | 2017/11 | 12
Su Mo Tu We Th Fr Sa
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -

Recent Entries

Recent Trackbacks

Archives

Category

Links

DTIブログポータルへ
このブログを通報
Report Abuse

利用規約